余裕のある売却

住宅ローンが払えなくなったら任意売却が現在のトレンド

住宅ローンが払えなくなると、放っておくと競売が始まってしまいます。その前に任意売却の手続きを始める必要があります。 任意売却は競売に比べて、物権がほぼ市場価格で売れること、売却後も住宅ローンが残っていても無理なく分割払いで支払えること、近所に知られることなく行なえること、交渉次第で引越し代金が残せる可能性があるなどといったメリットがあります。債務者にとってはもちろん、債権者にとっても競売に比べてメリットが大きいので、現在は住宅ローンが払えなくなった時の解決法として主に任意売却が行なわれます。 任意売却にかかる期間は1ヶ月〜3ヶ月です。専門家に相談する時期が早いほど取れる方法が増えますので、住宅ローンが払えなくなったらできるだけ早くに任意売却の専門家に相談することが大事です。

住宅ローンが払えなくなった時は任意売却

住宅ローンが払えなくなり、滞納が続くと、自動的に競売が始まってしまいます。競売は、任意売却に比べてデメリットが大きく、お勧めしません。そこで、競売が始まる前に、任意売却の手続きを完了させなければなりません。 住宅ローンを滞納して、早ければ3ヶ月ほどで期限の利益を失い、交渉相手が金融機関から保証会社に変わります。その後、裁判所から競売開始決定通知が届き、その後3ヶ月〜6ヶ月ほどで競売入札が開始されます。こうなるともう任意売却で解決することは難しくなります。 任意売却には通常1ヶ月〜3ヶ月ほどかかりますので、住宅ローンを滞納しだしたらできるだけ早くに任意売却の専門家に依頼することが重要です。 任意売却をするには債権者の同意が必要ですが、任意売却は、物件がほぼ市場価格で売却でき、住宅ローン残高が残っても無理なく分割払いができ、近所に知られることがないなど、競売にくらべてメリットが大きく、債務者のみならず債権者にとってもお得な制度です。そのため、債権者の同意もほとんどの場合得られます。