必要なこと | マンション査定をして業者に買取をしてもらう|さてさて査定しよう

必要なこと

賃貸不動産の借りるハードル

昔は賃貸不動産を借りるハードルが恐ろしく高かったのです。ですから、とても大変だったのですが、今はそんなことはないのです。もちろん、色々と必要になることはあります。例えば、敷金礼金の制度はまだあります。敷金も礼金もないところが増えているのですが、やはり根深い商慣習になっています。また、保証人を必要となることが多く、それがとても大きなハードルだったのです。 しかし、今では賃貸不動産側から保証会社を使うようにいってくるところもあります。人ではなく、保証会社を使うのです。賃貸物件を借りるときに保証をしてくれる人が必要になりますが、それが個人ではなく業者なのです。 賃貸物件の持ち主としては、そのほうが安心できるからです。

賃貸住宅の多様化について

賃貸住宅は戸建て・マンション・アパートなどがありますが、賃貸方法や家賃など地域ごとに取り巻く状況が変化し続けています。賃貸方法については以前は家族以外の者同士の入居は難色を示されることもありましたが、都市部においては以前ほどではなくなりました。また、入居時には敷金1・礼金2、2年更新時に家賃1ヶ月分の更新料が必要でしたが、最近は礼金なし、更新料もなし、入居時にはフリーレントといって最初の1ヶ月の家賃が無料という物件も増えてきています。家賃も二極化が進んでおり、高級な物件を探す人には希望に合った賃貸住宅を容易に見つけられますし、家賃を抑えたいという人にも希望に合った物件が見つかります。 また、最初の例にあげた既存の賃貸住宅の他に、新しい賃貸物件の形態として、最近のニュースでは空家問題が各地で深刻化していることもあり、その空家をシェアハウスなどに有効活用しようという動きもあります。